青葉区の引越し業者ならF.I.S

青葉区の引越し業者ならF.I.S

配送業者として働くメリット・デメリット

550 views

コロナ禍によって宅配業のニーズが急速に高まっています。

大手の配送業者ではドライバーや集配スタッフの増員を進めていますし、委託業者も大量に募集されています。

もちろん、個人で配送業を営む方々もさばき切れない量の依頼を抱えて大忙しです。

そこで、配送業者へ転職したいという方もいることでしょう。

配送業者のメリット

委託業として配送業者を行う場合、基本的に仕事をするペースは自分の技術・能力に応じて自己決定することができます。

つまり、ノルマは自分自身が決めるため、会社員のように強制的に残業や休日出勤をしなくてもよいのが大きなメリットです。

もちろん、ガッツリと稼ぎたいときは長時間働きますが、努力がすべて収入に反映されるのでやりがいも満足感も高いです。

また、サラリーマンの仕事の多くが社内の人間関係でプレッシャーを抱えがちですが、配送業では個人で活動するケースが少なくありません。

配送の内容によっては2人のチームで作業する必要も出てきますが、少なくとも上司の目を気にしながら窮屈な思いはありません。

ある程度のノウハウ・技能が身に付けば、独立して業績を上げる楽し見も出てきます。

それから、未経験者でも運転免許一つで始められる仕事です。

配送車の種類によりますが、軽トラックや2トントラックであれば普通自動車免許でOKです。

後は、必要に応じて大型の免許などを取得していけば、さらに仕事の幅が広がります。

配送業者のデメリット

配送業者で注意すべきデメリットは、早朝や夜間の委託が割と多いことです。

この時間帯は道路が混んでいないので走りやすいですが、やはり働くのがキツイ時間帯であることには変わりません。

家族や友人との付き合いなどに影響が出るため、それなりに覚悟の必要な仕事です。

また、始めのうちは配送ルートでかなり手間取ることでしょう。

とくに忙しい時は時間との勝負です。

地域の道路マップが頭に入るまでは、移動時間がムダにかかってしまい、依頼先に迷惑をかけることもあります。

時間帯によって空いているルートが把握できるぐらいまでは、何かと作業効率が上がらない点もデメリットと言えます。

なお、初心者のうちは収入面でデメリットがあります。

配送ドライバーの平均年収が400万円ぐらい、始めて数年間は300万円以下のケースもあります。

ですから、委託元の会社選びは肝心です。

仕事のノウハウを教えてくれながら、十分な仕事と収入が確保できる会社を選びましょう。

そういった条件を満たしている業者として、首都圏でも実績と評判の高いF.I.Sがおすすめです。

家電配送設置委託募集なら、まずはF.I.Sへ応募してみるといいでしょう。

お見積りは無料!自社対応だから低価格!CONTACT

青葉区で引越し業者をお探しならF.I.Sまでお問い合わせ下さい!
042-689-5731  メールフォームはこちら
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets